土地の名義変更を専門家に依頼するメリットとデメリット

土地の名義変更なんて面倒!手続きがわからないから嫌だ!って思いますよね。

紙に書かれてある名前を変えるだけで済めばいいですが、土地の名義変更はそう簡単にいきません。

・しかし土地の名義変更はきちんとしておかないと、大変なことになります。参考事例:所有者不明の土地、なぜ増える 相続時に登記置き去り

自分で手続きすることも可能なのですが、ここでは専門家に依頼した場合のメリットとデメリットをまとめてみました。

【専門家に依頼するメリット】

土地の名義変更の手続きは司法書士が行います。

司法書士事務所はあちこちにたくさんありますので、近くの司法書士に依頼しても良いですし、今はインターネットで検索することもできますから評判の良いところを探しても良いでしょう。

依頼するメリットは、何もかもすべてお任せできることです。

書類を作ることもしなくていいし、法務局に行く必要もありません。

依頼する時は委任状を提出します。

【専門家に依頼するデメリット】

何もかもお任せできるのですが、その分費用がかかります。

本来なら自分がやらなければならないことを依頼してやってもらっているのですから支払うのは当然なのですが、数万円かかりますのでその分の費用が余分な支出となります。

これが依頼した場合のデメリットと言えるでしょう。

司法書士によって費用に差はありますが、生前贈与による手続きの場合は4万円くらいから6万円くらいまでが相場です。

メリット、デメリットをよく理解し、司法書士に依頼するかしないかを検討すると良いでしょう。

私の場合は、生前贈与による名義変更でそれほど複雑な手続きではなさそうなので、自分でやってみようかなと思います。




Comments are Closed