土地の名義変更の手続きの流れ

土地の名義変更なんてしたことがないし、難しそうだな、面倒だなと思っているのですが、土地がある以上、避けて通るわけにはいきません。

生前贈与による土地の名義変更の手続きについて調べてみました。

【どこで手続きをするの?】

生前贈与による名義変更の場合、その土地を管轄する法務局で手続きを行えるようです。

贈与契約書や登記原因証明情報といったものも必要となるようなのですが、自身で手続きする場合は法務局で担当者に尋ねながら行えば大丈夫です。

平日に法務局に行かなければならないので、仕事が忙しい人はなかなか難しいので、司法書士に手続きを依頼する人が多いです。

私も、平日は仕事で不在ですので法務局に行くのは難しく、司法書士に依頼しようかと考えています。

【どれくらいで手続きは終わるの?】

法務局で必要書類を提出した後、どれくらいで手続きが完了するのかですが、法務局の混雑具合によって変わります。

通常だと、だいたい1週間から2週間程度で手続きは完了し、名義が変更されます。

書類に不備があると手続きは滞りますので、不備はないか慎重にしないといけませんね。

【新しい権利証を確認すること】

生前贈与による名義変更の手続きが完了したら、新しい権利証が発行されます。

新しい権利証が発行されたら、その内容を確認しておきましょう。

親からきちんと自分に変更されているかをチェックしておきます。

ほとんど間違いはないはずなのですが、表記ミスなどがもしかしたらあるかもしれないので、念のため確認しておくことは大事ですね。




Comments are Closed